スタッフ紹介

理学療法士

ユウキ

YUKI MOROHOSHI

ユウキ

私は学生時代に野球をしており、肩を怪我した際に整形外科を受診しました。この時にリハビリの世界を知りました。高校3年生の時には、通っていた整形外科、近くのリハビリ病院にいらっしゃった理学療法士の先生に話を聞き、「身体の悩みを解決していく姿」に憧れ、理学療法士を目指しました。専門学校卒業後はスポーツ整形外科に就職しました。

スポーツ整形外科では、学生からご高齢の方、アスリートやスポーツ愛好家の方々を「健康で安全にスポーツや運動を行えるよう」サポートしてきました。さらにテニスやスケートなどのトレーナー活動を通してスポーツ選手のサポートも。スポーツをしていたからこそ、自分が関わった方々が復帰したり、良いパフォーマンスを発揮できるようになると、自分のことのようにうれしい気持ちになりました。

ですが、実際に資格取得後、働いてみるとリハビリの難しさに直面したのも事実です。理学療法士である自分が頑張れば、患者様も必ずよくなる…そう思っていましたが、実際は患者様が「良くなりたい」と望む気持ちなしには結果が出ないのだと気づきました。

理学療法士はあくまでリハビリのパートナーであって、患者様と一緒に良くなる方向を模索し続けることが大切なのだと考え日々リハビリをしています。患者様だけでなく多くの人の身体が「良くなる」「改善される」、そんな過程や瞬間に立ち会えることは本当にやりがいを感じるもの。難しいと思うこともありますが向き合い続けたい…。そういった思いもあり、ネクストステップスで働き始めました。

ネクストステップスの掲げる目的の考え方に私はとても共感し、この考えを広げていきたいと思いました。

「目的の設定は簡単で誰でもできるはずなのに、目の前の病気や症状にとらわれてしまい目的が見えなくなってしまう。」

日々の臨床において、目的が見えなくなる方はとても多いと感じていました。リハビリにおいても目的や目標は大切だとされていますが、本当の意味で「目的」と向き合えている理学療法士は少ないように思えます。私はネクストステップスの考え方や導き方は、身体を良くするだけではなく、利用者の方の人生も良い方向へ持っていけると考えています。

これまでリハビリに携わった中でいろいろな方と出会いました。自分の身体の痛みや動かしにくさなどの症状にとらわれてしまい、目標を見つけることが難しくなってしまっている方とも多く出会いました。私はそんな方々の人生が少しでも楽しく、そして快適になるよう、目標や目的を一緒に悩み、探すお手伝いに今後も精一杯取り組みたいと思っています。

一覧へ戻る
×

体験プログラム 0

改善の一歩は無料体験から始まります

×

受付中

あなたの症状、お悩みをお聞かせください

[受付時間]平日9:00~18:00